お客さま満足度98%の実績 関西電力グループのホームセキュリティ

  • 個人のお客さま
  • 法人のお客さま
  • 関電SOS TOP
  • 関西電力グループ

通話無料 受付時間9:00~21:00(12/30~1/3を除く) フリーコール 0800-1234-505

空き巣の常套手段 留守確認の手口と対策

更新日:2018/02/09

家人の留守中に侵入して盗みを働く空き巣は、実に慎重に計画を立てて行動するといいます。
侵入しやすい家かどうか、侵入口や犯行後の逃走ルートはどうするか、周辺の人通りはどうか…などを、何度も確認した上で犯行を行うのです。
そして、狙った家が留守かどうかも周到に確認します。
ポイントは、新聞や洗濯物、ガレージの車、照明、雨戸やカーテンの様子など。また、大胆にもインターホンを鳴らしたり、電話をかけることも多いといいます。もし在宅していても、間違い電話やセールスを装えば怪しまれることはありません。インターホンに出てみると誰もいない…という場合、子どものいたずらかもしれませんが、空き巣という可能性も…。

空き巣の留守確認手段

  • ・インターホンを押してみる。
    ・電話をかけてみる。
    ・生活音が聞こえるかどうか
    ・新聞や郵便物がたまっているか。
    ・洗濯物が干したままかどうか。
     ・日が暮れてから照明がつくか。


泥棒対策には、侵入しにくい家にするとともに留守と悟られないことも大切です。
在宅しているように見せかけるため、消費電力の少ない照明をつけたままにしたり、タイマー機能のあるテレビやラジオをつけておく、という方法もあります。

 

●SOSのホームセキュリティサービスはこちら

 

家の中の音を盗み聞きして留守確認する空き巣

 

お見積り依頼・資料請求

わが家はいくらになる?

家族みんなで検討したい

お電話でのお問い合わせ
通話無料 受付時間 9:00~21:00(12/30~1/3を除く) 0800-1234-505
メールでのお問い合わせ
お子さまの居場所がスマホでわかる!見守りサービスみまもるワン
一人暮らしに最適!ワンコインからはじめられるセキュリティ スマートルームセキュリティ