お客さま満足度98%の実績 関西電力グループのホームセキュリティ

  • 個人のお客さま
  • 法人のお客さま
  • 関電SOS TOP
  • 関西電力グループ

通話無料 受付時間9:00~21:00(12/30~1/3を除く) フリーコール 0800-1234-505

春からはじめるガーデニング。

更新日:2012/04/13

暖かくなると植物が生長しやすく、種をまく植物の種類も増えるので、春は、ガーデニングをはじめるのに最適な季節です。
ベランダでも十分楽しめるコンテナ(鉢やプランター)を使ったガーデニングの基礎知識をご紹介します。

用具などの選び方

コンテナ

植木鉢やプランターのこと。素焼き(テラコッタ)、プラスチック、古紙製、陶器製、木製などがあります。重いものは扱いにくいので、場所や用途を考慮して選びましょう。

用土

土は「草花用」「野菜用」「観葉植物用」など目的別にブレンドされた培養土を買うか、自分でブレンドするかの2つの方法がありますが、植物の特性に合わせた培養土を選びましょう。

肥料

肥料は目的によって「元肥(もとごえ)」と「追肥(ついひ)」に分かれます。元肥はあらかじめ土に混ぜ込んで初期の生長を助けます。追肥は、株が大きくなってきたり、花を咲かせるようになる時期に、植物の生長に合わせて栄養不足を補います。

必ず用意したい用具

●小型シャベル(移植ゴテ)
土を入れたり、混ぜたり、苗を移植したりする時に使います。
●じょうろ
水や液肥を与えます。ハス口(じょうろの先につける小穴がたくさん開いた部分)は穴の細かい方が植物への水のあたりがやわらかいので、おすすめです。
●園芸ばさみ
花茎や枝を切るもので、普通のはさみよりも強力です。
●ガーデングローブ
土をいじったり、棘のある植物に触れる時に使います。
●鉢底ネット
鉢底の水抜き穴に敷き、用土のこぼれ落ちや底からの害虫の侵入を防ぎます。

花の選び方

一年草と多年草

アサガオのように種をまいてから1年以内に花が咲いて枯れてしまう草花を「一年草」、キクなど2年以上生育して毎年花が楽しめる草花を「多年草」といいます。一年草は花をたくさんつけるため、観賞用として楽しめるので初心者におすすめです。

球根

球根は発芽や開花に必要な養分が蓄えられているので、比較的簡単に育てられ、手軽です。また、水耕栽培が可能なものもあり、室内でも楽しめます。

種と苗

種から育てるには技術が必要なので、初心者は園芸店などでポット苗を購入して育てるのがおすすめです。次のステップとして、ぜひ種から育ててみてください。

※本ページの内容は、関電SOS季刊誌「住まいring」Vol.17(2010年7月発刊)掲載の情報です。

お見積り依頼・資料請求

わが家はいくらになる?

家族みんなで検討したい

お電話でのお問い合わせ
通話無料 受付時間 9:00~21:00(12/30~1/3を除く) 0800-1234-505
メールでのお問い合わせ
お子さまの居場所がスマホでわかる!見守りサービスみまもるワン
一人暮らしに最適!ワンコインからはじめられるセキュリティ スマートルームセキュリティ