防犯力UP!わが家のセキュリティ対策

×「宝石とか、盗られるような高価なものもないし平気よ。」侵入被害の約60%が10万円未満という事実。
現金や貴金属だけではなく、テレビやパソコンも被害に。狙われるのは高価なものだけではないのです。泥棒の被害額 10万円未満47.4% 10~50万円未満25.3% 50万円以上11.0% 被害なし&額認定困難16.3%(出典:警察庁統計データ)泥棒が破りやすい窓 掃き出し窓48.6% 腰高窓14.3% 出窓2.9% その他・無回答34.3%(出典:(財)都市防犯研究センター別冊レポート 17号)泥棒が留守を確認した方法 インターホンで呼ぶ128 新聞受けを確認98 日暮れでも電灯がつかない70 車がない49 電話をかける45 昼間からカーテン37 電機メーターの確認33 葬儀・行事の情報24 洗濯物が干していない14 その他34 (出典:広島県警現場捜査員アンケート)

侵入者は、さまざまな手口で留守を確認します。
たとえ雨戸を閉めずに在宅を装っていても、インターホンを押したり、「新聞・郵便物の有無」「夜間の照明」「車の駐車状況」などを確認したりすれば、簡単に留守であることがわかってしまいます。また、雨戸やシャッターを閉めるのが面倒な掃き出し窓は「侵入者にとって一番破りやすい窓」でもあるので、やはり雨戸やシャッターを閉めたほうが安心です。特に長期不在の場合は気をつけましょう。

  • わが家は大丈夫かな?と思ったら。

お見積り依頼・資料請求

わが家はいくらになる?

無料お見積り

家族みんなで検討したい

資料請求

お電話でのお問い合わせ 通話無料 受付時間 9:00~21:00(12/30~1/3を除く) 0800-1234-505

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ